お尻ニキビを治す

お尻ニキビの原因

女性の脚

ニキビというと顔にできるイメージがありますが、お尻にできるニキビもあります。 お尻は洋服のすれや蒸れ、長い間椅子に座っていることからの刺激でできやすい場所といわれています。体重がかかりやすいので、デスクワークの多い学生やOLに多いようです。そして、原因の蒸れですが、長時間下着やズボンで守られているためにできやすくなります。血行が悪くなり、老廃物を排出することができなくなってしまいます。そうすると、肌に老廃物を排出するため、お尻ニキビのできやすい環境になってしまいます。また、乾燥していて不衛生な場所でもあるため、雑菌が繁殖しやすいのです。 場所が場所なので、できてしまったときには座るときに痛みがあり、大変辛い思いをします。

できてしまったときの対処法

もし、お尻ニキビが出来てしまった場合には、どのような対処法があるのでしょうか。 下着などで蒸れてしまった場合には、湿気を取り除き、綺麗にしましょう。汗拭きシートで取り除くことができます。また、シャンプーやボディソープの洗い残しが刺激になることもあります。シャワーで丁寧に流しましょう。 下着の素材は肌に優しいものが良いです。ごわごわした刺激のある素材ですとお尻ニキビが悪化する恐れがあります。 肌を保湿することも重要です。ニキビ用お尻用の化粧品で丁寧にケアします。綺麗に治すためには、専用のクリームなどをこまめに塗ると悪化せずに治すことができます。跡も残りにくくなります。 このように、普段からの予防を大切にし、出来てしまったときには適切にケアをすることで綺麗な肌を保つことができます。